スーパーライザー

当院で長年使っていたスーパーライザーを新機種に入れ替えました。

今度の新製品は出力も上がり、より広範囲にシャワー状に照射出来る事から

効果が更に上がると考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

痛みが強くて来院された患者さんの痛みを緩和したいと

色々治療を行っていますが

スーパーライザーは

その一番手だと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中でも星状神経節照射は効果があります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下は説明です。

大脳指向型(BOOT)咬合療法は、原発病巣の治療を目的とした根本治療に類するものだと思います。それと比較してスーパーライザーは対処療法ではありますが、それでも一時的に身体の痛みを楽にする効果が望めると思います。首、肩、背中、腰など、身体の痛い部分に使えます。 また、眼鏡にアルミホイルなどをかぶせるなどして、レーザー光を遮るもので目を守れば、顔に当てることもできます。したがって、外側翼突筋に使うことも出来ます。
医師の話では、大脳指向型(BOOT)咬合療法で身体が回復してくれば、重症時に当てるより効果が出やすいということです。 これは、「治療の組み合わせ」で書いたように、スーパーライザーは、トリガーポイントへのマッサージやブロック注射、あるいは針治療と同じように、末梢の筋肉にじかに作用するために、中脳への治療と組み合わせることで、より効果が出るということだと思います。 ただし、全国でも、外側翼突筋に注目している医療機関は、まだゼロに等しい状況で、この部分にレーザーを当ててくださいと言っても、なかなか理解してもらえないかもしれません。 それでも身体の痛い箇所に当てることで、一時的には楽になる可能性はあります。



講演会

先日、NPO法人 のぞみ会旭川地区の医療講演会に行って来ました。

テーマは[腰痛の基礎から最先端治療まで]
講師 医療法人歓生会 豊岡中央病院
整形外科部長 猪川 輪哉 先生
腰痛について実に分かり易く、講演会に来た方に説明してくれた。
P1020664.JPG
ここに来ている方たちはそれぞれ股関節の疾患を持っていたり、OPEを受けた方たちだった。
その中の一人の股関節疾患の方に誘われて私も講演会を聞きに来ました。
P1020665.JPG
講演を聞いていて、昔お世話になった整形外科で院長から教えて貰った色々な事を思い出していました。
私は今は整骨院を開業していますが、以前は18年間整形外科で勤務していて
何も分からない時にも院長に厳しく、時には優しく習ったものでした。
その基礎があるから今仕事をやれていると改めて思いました。
患者さんの気持ちになり講演を聞いていて、旭川にはこんなに一生懸命で良いドクターが
居るという安心感があると思いました。
お年寄りに多い圧迫骨折の新しい手術法なども紹介して頂きとても勉強になりました♪
P1020668.JPG
これからも腰痛で苦しんでいる患者さんを手術で救ってくださる事をお願い致します。